お問い合わせ
資料請求
TOP > 最新情報 > リリース > CRO(Chief Revenue Officer)に天野眞也が就任

CRO(Chief Revenue Officer)に天野眞也が就任

  • 2024年5月20日

このたびCRO(Chief Revenue Officer)に天野眞也が就任いたしました。
キーエンス時代にトップ営業として第一線で活躍し、また自身の事業においても数々の企業の付加価値創出に貢献してきた経験から、日本企業ひいては日本経済に大きな影響力を与えていくことが期待できます。

  • CRO天野眞也 プロフィール

1992年、キーエンスに新卒入社以降、営業ランキングトップの実績を挙げ、グループ責任者・営業所長を経て社長直轄の海外営業・重点顧客プロジェクトの初代リーダーに抜擢。売上数百億円から二千億円の企業へと成長するまでの期間、営業として第一線で活躍し、その実績と経験を基に2010年に起業。FAプロダクツほか複数社の代表を兼任したのち、現在は株式会社カクシンのCROとして営業戦略コンサルティングを行う。
キーワードは『製販連携』。製造と販売の連携による付加価値創出を軸に顧客のボトルネックを見つけ出し、抜本的改善手法を提案、解決まで伴走を行う日々を送る。
YouTubeチャンネル「AMANO SCOPE(アマノスコープ)」にて製販連携・営業メソッドを発信するほか、営業が学べるオンライン学校「営業大学-ESSENCE-」の運営、初の営業本『シン・営業力』も発売中。私生活では主にゴルフ・スキー・ツーリングに熱中するアウトドア派。

  • 天野眞也からのコメント

このたびCROに就任いたしました天野と申します。
私自身、これまでキーエンス時代を含め多くの企業支援に携わってまいりました。

長らく付加価値を生み出す方法を模索する中、田尻の提唱するカクシンメソッドに出会いました。日本が抱える労働生産性の課題を、コストダウンや効率化でなく、売上や利益といったトップラインを向上させることによって解決に導く、唯一のメソッドです。

また、企業価値向上の先に、人の働く喜びや幸せをもたらすという「価値主義」の概念にも、とても共感しており、私の得意とするセールス・マーケティング領域によって、価値主義社会実現の一端を担えると考えました。

諸外国と比べ、我々日本人のビジネス慣習には、コスト重視の良品廉価の傾向があると考えています。これからは、人の喜びや幸せを起点にしたビジネスへの変革が世の中をもっとおもしろくする。これは、私が営業を続けてきた経験から思うことです。

価値主義の概念は、時代が大きく変わる今こそ威力を発揮します。過去にとらわれることなく、日本から世界へ。喜びから経済循環が起きる世の中を、私たちは創造していきます。

■プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000083720.html